碁盤は昔、公家社会では吉報を占う道具であり、武家社会では陣取りの象徴でありました。

初宮詣(歯固め石(姫川薬石)授与

初宮詣は、子の幸せな成長を祈るとともに、本来新しい氏子として社会的に認めて貰う儀式でした。男児は32日目、女児は33日目に『産の忌』が明けることから、この時期に神社にお参りする風習があります。また母親の『産の忌』が明けるのは75日目ということから、これ以降にする地域もあります。
(母子の健康状態により判断してお参りください)

無事に産まれた感謝のご報告と、お子様を碁盤の上に乗せ、碁盤の目の様に節目正しく美しく健康に育ちます様、お祈りします。
(お宮参り)

初宮詣・お宮参り 小千谷・石動神社・歯固め石・お食い初め

小千谷・石動神社・初宮御守 初宮詣・授与品

※授与品は、性別・初穂料により変わります。

お食い初めについて

永い人生の始まりの、願いを込めた最初の食事。
「どうか一生食物に不自由せず、健やかに。」
そんな願いを込めて行う食膳の儀式を「お食い初め」といい、地域地方により多少異なりますが、生後百日目頃に行われます。
お赤飯に汁椀、鯛の尾頭付きといった祝い膳も結構ですが、いつもの離乳食の器の隣に、小石を添えても立派な儀式、親心の籠った御膳です。
「石」には神様が宿るともいわれていますが、この御膳に添えられる小石を「歯固め石」といい、「石のように硬く丈夫な歯。健やかに育ちますように。」と願いを込め、赤ちゃんの口に当てて食べる所作をさせます。
姫川薬石のある地域では、神社とは人々の病気を治す薬石の保管場所であり、太古の昔から引き継がれた薬石を祀る所で ありました。村の人は病気になると神社に行き、石を借りて お風呂に入れたり患部をかざしたりして利用し、治るとまた 神社に返していたそうです。人々の病を治してきた神霊の宿る石で、お食い初めを行い、健やかな成長と御加護をお祈りください。終えましたら、石を神社へお返しください。

七五三詣(千歳飴 授与)

七五三は古来の子供の節目の儀式である、男女とも3歳になるとそれまで剃っていた頭髪をたくわえ始める儀式『髪置』、5歳の男児は初めて袴を着用する儀式『袴着』、7歳の女児は童児の着物の付紐を取り、帯を使用し始める儀式『帯解』の年に、無事成長を感謝・祈願する神事です。
(本来は数え年で行われてきましたが、現在は満年齢で行うことも多いです)

お子様の健やかな成長と『碁盤の儀』によるこれからの自立と開運をお祈りします。
碁盤の目のように節目正しく美しく育ちながら自立するように、碁盤の上に立ちます。
運が開けるように、吉方に向かい、掛け声とともに勢いよく飛び降ります。
(七五三参り)

七五三詣 小千谷・石動神社・千歳飴・七五三

小千谷・石動神社・七五三御守 七五三詣・授与品

※授与品は、年齢・初穂料により変わります。

写真撮影について

神事中の写真撮影はご遠慮いただいております。
神事終了後の神殿を背景にしての記念撮影はご自由にお撮りいただけます。
お宮参りの『産着』等をお貸ししておりますので、ご希望の方はお気軽にお申し出下さい。(無料)

小千谷・石動神社・初宮・お宮参り・産着・写真撮影

初誕生祭(一升餅・誕生餅)

神様へ無事に初めての誕生日を迎えることが出来た感謝の報告と、一生食べ物に困らずに幸せに過ごせます様にお祈りいたします。

一升餅とリュックをご用意ください。
(一升餅は一升の丸餅、または一升分の小さい丸餅か切餅のどちらでも結構です)
神様にお供えしお祈りした後、お子様に担がせます。

小千谷・石動神社・初誕生祭・一升餅・誕生餅

虫封じ(疳の虫)

古くより子供が激しい夜泣きや癇癪を起こすと、「疳の虫」が付いていると言われてきました。
「虫封じ」では、お祓いにより疳の虫を出し、母子ともに落ち着いた気持ちで日々を過ごせるようお祈りいたします。

十三詣について(十三参り)

数え13歳は、十二支が一巡して初めて自分の生まれ年の干支に戻った年齢で、生まれて初めての厄年でもあります。
また、身体的にも精神的にも、子どもから大人へ変わっていく年齢です。
かつて男子は、数え12から16歳頃に元服の「成年式」を行っていました。
女子も数え13歳になると、髪上げの「成女式」を行っていました。
神様に13歳のお祝いの歳を無事迎えることが出来た感謝の報告をして、厄を祓い清め、知恵と福徳と健康を授けて頂くようにお祈りします。

 

御祈祷について

お気軽にお問い合わせください。0258-82-6445参拝・祈祷受付時間
08:00~18:00

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。