21世紀を迎えて、社会環境や人々の意識が大きく移り変わり、お墓や祖先の供養に対する考え方にも変化が表れています。生活環境の向上等や人口の都市集中化による従来の家制度の崩壊により核家族化が急激に進んできました。それと同時に少子化現象も伴い若い年齢層を中心に葬儀意識やお墓の考え方も変化し、従来のように墓を守る人にも影響が現れています。同時に独身の方や子供のいないご夫婦は、無縁になるという理由でお墓を手に入れにくい等の問題も問われるようになってきています。また、経費や葬儀の内容等で神道式が注目され、問い合わせが増えてきております。
そこで、御霊を無縁にすることなく永代に亘り祭祀を執行することを目的に合祀墓の建立を計画しています。

麻本呂婆奥都城(永代祭祀合祀墓)

 

祖霊社

故人の御霊を遷した霊璽(仏教での位牌)を祀る所。
写真は当神社の祖霊舎。神道家の御霊を祀っています。合祀墓に入った故人の御霊を、霊璽に遷し、永代に亘り祭祀を執行いたします。
※位牌等は霊璽に遷霊してお祀りいたします。

石動神社・神道家・年祭・祖霊舎

祭祀料

 

規約

こちらの記載事項は規約を抜粋したものです。詳細はお問い合わせください。

メリット

デメリット

神葬祭について

まほろば会

御祈祷について

お気軽にお問い合わせください。0258-82-6445参拝・祈祷受付時間
08:00~18:00

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。
友だち追加